不登校対策・高校卒業・個性を大切にしたい|通信制高校比較ぼん

単位とは
高校の学習指導要領に基づいて決められている、授業ごとに定められた学習量の総和のようなものです。高校を卒業するためには、合計で74単位以上の学習量(授業)を取得したと認められなければいけません。いわゆる通学制の高校であれば単位数を学年ごとに分けており、学年ごとに単位を取得していることになっています。赤点を取らなければ、卒業できるのは授業で成績を取ることによって自動的に文科省が定めるところの単位数を自動的に取得しているためです。

 

通信制高校の場合は、74単位分の単位を取得するために、テストやレポート、スクーリングといった形式によってそれぞれの科目で合格していけば良いのです。

 

 

単位時間と単位の関係
文科省によれば、それぞれの授業に対していくつの単位が与えられるのかは以下の規定によって決められています。なお、以下は文科省の高等学校学習指導要領解説 総則編から引用しております。

 

 

単位については,1単位時間を50分とし,35単位時間の授業を1単位として計算することを標準とする。

 

以上 引用

 

実際に入学するまでの流れ

通信制高校 資料請求 ズバット

通信制高校の選択肢はたくさんあり、選びづらいですよね。学べる内容やレベルから厳選された高校のパンフレットをお取り寄せいただけます。

通信制高校 資料請求 ズバット

気に入った高校があれば、そこで実際に面接を受けてみましょう。入学試験は、面接や作文で学科試験は基本的にはありません

通信制高校 資料請求 ズバット

最短2週間程度で高校生活のスタートです!あなたの人生はきっとここから始まる。