不登校対策・高校卒業・個性を大切にしたい|通信制高校比較ぼん

お子様が学校に行きたくないと言っており、お母様・お父様はお困りではないでしょうか?
「学校に行きたくない」という気持ちが高じて、実際に「学校へ行かない」という行動に移すようになったら間違いなく不登校です。そうなればご家庭の不安や不満も大きなものでしょうし、それ以上にお子様ご自身がもっともっと不安や不満になっていたりします。

 

不登校になる生徒というイメージ像は、どちらかというといわゆる非行少年・少女のイメージがございませんか?うちの子が不良になった!と感じてしまうこともあるかもしれません。タバコやお酒、夜遊び・深夜徘徊の始まりだー!この世の終わりだ・・・、うちの子の将来がマズい・・・などのように思われるかもしれません。

 

そして、ひょっとしたら「なんで学校に行かないの!」とか、「将来あんたどうすんの!」とか、攻め立てたりしていませんか?実際、お父様・お母様におかれましては、大変ご不安なことと思います。学校に行かないということは、勉強においていかれることになります。1日勉強が遅れてしまうと、5教科もありますから自習でそれを取り戻そうとすると3日くらいはかかってきます。さらに、学校の勉強は1日1日進んでいるので、教科知識の小さな差が、お子様ご本人に大きな違いと劣等感を生み出してしまうことがあります。客観的に見ると小さな差ですし、十分取り返せますし、気にならないものだったりもします。ですが、当事者であるお子様ご本人にとっては本当に大きなものに映ってしまうかもしれません。10代のころといえば、周りとの比較の目がとても気になる時期ですし、ある意味コンプレックスとの戦いの時期でもあると思います。そこから大人になるにつれて克己心をつけていくとともに、コンプレックスが気にならなくなったり克服していったりするものです。

学校は大きなストレスを生み出す工場かもしれない

 

お子様は学校に行かなければ、勉強が進まない。その結果、たまに学校に行ったりしても勉強がまったくついていけなくなっている上に、学校の先生や学校の友達など人間関係の大きな悩みが解決していないので結局は大きなストレスにさらされ、より大きな心の傷をつけて帰ってくるだけです。いや、帰ってくるならばまだいいかもしれません。場合によっては、現実から逃避したいという思いから学校から帰らずそのまま家出してしまうかもしれません。

 

 

学校は行かなくていい場所

 

小中学校という学校制度は、義務教育になっているため「行かなければいけない」という強い義務感にとらわれているかもしれません。たしかに学校は一般的には行かなければいけない場所かもしれません。小中学校に通うことで教科指導のみならず、集団生活における自己のみの振り方や協調の仕方、価値観の共有や価値観の戦い、将来の志向・適正なども見えてくるようになるかもしれません。それに、友達と輪を作ることで代えがたい体験を得られることは事実としてあります。また、時には傷ついたり、自己嫌悪に陥ったり、反省したりすることもあるかもしれません。

 

ですが、それはあくまでもお子様ご自身がそういった負の気持ちを恒常的に感じないような環境であることが大切ですよね。もしも、嫌な気持ちや負の気持ちが恒常的に続いて、それが連鎖していくようでは出口の無い迷路に投げ込まれたのと同じです。そして、その嫌な気持ちが常に続くようであれば、それは必ず連鎖を生み出しますし、そしてそれがお子様に大変大きな心の傷を負わせてしまうことになります。学校はたしかに数年の話ではありますが、その数年に受けた傷は必ず残ります。そして、10代についてしまった大きな傷は、相当大きな体験や経験を通した自信を生み出さないことには、その後の10年20年では埋めきれない大きな傷になってしまうかもしれません。

 

たしかに学校は行かなければいけない場所かもしれません。しかし、それはあくまで長期的視点でプラスになると感じられる場合だけです。学校での体験が大きな心の傷を生み出してしまうのであれば、いっそ行かないほうがむしろ長期的視点に立ったらプラスになります。どうしますか?もしお子様が永久に抜け出せない迷路に立ってしまったり、治せない傷を負ってしまったら・・・。

私たち親世代が学校に行かなければいけないと思う理由

 

学校は将来に役立つ技能や体験・経験を与えてくれます。ただし、ちょっと考えてみてください。将来自立するのに大きな影響力を持っているのはどこでしょうか。ダイレクトに将来、大きな影響力をもつ教育機関は最終学歴ではありませんか?

 

専門学校で美容師の資格をとりにいったり、調理師免許をとったりすること。短期大学で保育や幼稚園教諭、準看護師の資格をとったりすること。たとえば、大学に入って4大卒の学士をとって企業に就職すること。いわゆる名門大学に入って大手の企業に入ること。こういった最終学歴を得るのに、果たして小中学校時代の不登校経験がマイナスに働くでしょうか?私の体験を通して申し上げると、全くなりません。私自身、民間の教育業界におりますが不登校の生徒さんをたくさん見てきていますし預かってもきました。ですが、そんな不登校になった生徒さんこそが、だからがんばろう!となっていわゆる名門大学に入って行き世間的に立派とされる大学に入社していく事例を何件も見ています。私自身も学生時代、何回も不登校経験がありますが、それでも私立では最難関とされる大学に入学しています。そのため、不登校なんて経験は全くマイナスではありません。

 

むしろそんな環境から抜け出して、自分にとって最適な(単純にぬるま湯的な居心地のいい空間ではない。)空間・環境を作ってあげたほうが絶対にプラスです!

プラスになる環境とはどこか?

 

不登校になってしまっている場合、それぞれの科目ごとに知識的不安があります。そのため、そこをまずは払拭することが必要です。それには、苦手になってしまった箇所からしっかりとフォローアップ、キャッチアップしてくれる授業体系である個別サポートが必要になります。

 

また、集団生活面でも不安が生まれるかもしれません。
学校生活から離れてしまうと、同年代や上の世代とコミュニケーションをとるのが苦手になってしまっているケースが多々あります。人と話すこと自体は、人と話すことでしか成長できません。そして、話さなくなるとコミュニケーション自体ができなくなってしまいます。コミュニケーションは技能です。つまりスキルです。決して生まれつきできないため、未来永劫できないなんてありえません。だから、コミュニケーションは後天的に身に着けるものですし、身につけられるものです。不登校になってしまっているお子様でもコミュニケーションスキルを得ようと思って練習すれば必ず得られます。

 

ですが、不登校になっているということは逆にコミュニケーションの練習機会がなくなってしまっているということですので、当然スキルは落ちてしまうことでしょう。全日制の学校であれば、8時間ぐらいは他者との話す機会が得られているわけですから、友達同士の会話についていけないということも生まれてしまうことでしょう。

 

こういったケースの場合、お子様は間違いなく逃げ場の無い状態に追い込まれています。私たち親としてはこうなった場合、お子様には「学校には行かなくてもいいんだよ」と攻める口調ではなく、守る口調で伝えてあげることが大切です。実は、不登校になる生徒さんほどまじめなタイプが多いという印象を受けています。まじめだからこそ、学校に行けない自分自身を内面では過度に攻めてしまっていたりもします。その内面攻撃の一部が外部の他者へと移るケースもあります。まずはマイナス状態からゼロ状態へと気持ちを戻してあげましょう。

 

もちろん一方で、お子様ご自身も将来どうしようといった気持ちからまたマイナスに気持ちが移り、自己の内面を攻撃し続けてしまうかもしれません。私たち親がやるべき行為はお子様を暖かく見守るとともに、事前に次に移せる対策を考えていきましょう。

 

お子様が不登校を仮に親に認められれば、学校に行かなくてよいということで、心理的不安感は大きく軽減されることと思います。ただ、一方で現状そのままでいいのだろうかという不安と将来このままやっていけるのだろうかという不安が同時に付きまとってきます。

 

だからこそ私たちは情報を集めましょう。お子様一人ひとりに個性があります。たとえば、集団的生活が苦手だとしてもひょっとしたら爆発的に勉強できる生徒さんもいるかもしれません。事実、私は何人もこのケースを見て実際難関大学に進学して行く生徒さんを見てきました。また、勉強は苦手かもしれませんが、ネイルやアートやものづくり、美容や健康、保育や、福祉的な分野に進んで同じように困っている人を助けることを通して社会貢献をするとともに今の自分を救いたいと考える人もいるかもしれません。

 

決して、大企業に勤めて誰もがうらやむような給料をもらい時代の先陣を切り続けるようなスキルを身につけ仕事に就くだけが人生ではありません。60億人社会において、福祉や保育、公益的分野、NPO、NGOなど人材が不足している分野がたくさんあります。そしてそういった社会的セーフティネットを敷いておけるからこそ、先陣を切る人材が安心して社会を切り開けるだけです。上記にあげた分野のみならずいくつも世の中に還元・貢献でき、お子様も適所で活躍できる場面が必ずあります。なぜならば、60億人社会においてベターライフはまだまだ目指せるからです。ある意味、不登校というのは社会の負の部分をお子様が運悪く受け取ってしまっているだけだと思います。その経験が、将来世の中のベターライフを作り上げてくれる人材に作り上げてくれるかもしれません。

 

社会に出口はたくさんあります。働き口もたくさんあります。活躍できる場面も多々あります。だからこそ、お子様が興味を持てる分野がある高校を探してみませんか?

ほとんどの全日制の普通科の高校(いわゆる一般的な高校)は、大学進学を目指した偏差値をスタンダードにした階級序列社会化しております。だからこそ、勉強についていけないことに不安感を感じてしまいますよね。

 

5教科の勉強はたしかに有益な側面が、学校社会のみならず大人になってからも有益な場面が多々あります。ですが、必ずしもそれは絶対的なものではないはずです。たとえば、学校の勉強は苦手だったけれども料理は好きという方もいらっしゃいますよね。料理が好きならばその勉強をすればいいだけです。勉強という言葉が堅苦しいならば、料理をもっとできるように練習すればいいだけです。

 

勉強とは技能をつけるためのものです。こういったお子様は単純にたまたま学校での技能勉強は嫌いだったけれども、料理を通した勉強は好きという個性であるだけです。では、料理をたくさん学べる高校を探してみませんか?

 

通信制高校
通信制高校をご存知ですか?
全日制の通学制、普通科課程の高校だけが高校ではありません。

 

今日ではインターネットの動画配信を通して映像授業が隆盛しています。通信制高校は、ネイルアートやマンガ・ゲームを作るための栗栄たーのための授業や、保育や福祉、美容師のための学校過程などさまざまな分野を学べます。もちろん、通常の普通科過程も通信制で学べるため、
通信制ながら一般の進学校以上の実績を持っていたり、さらに最難関大学を目指すための過程を持っている高校すらあります。

 

ハーバード大学をご存知でしょうか?アメリカ西海岸にあるアイビーリーグ筆頭になる大学で、とくに行政学などが有名でアメリカの官僚になる方を多く輩出している大学です。世界的に有名で優秀な方はここをご卒業の方が多かったりします。かの有名なマイクロソフト起業したビル・ゲイツさんも、ハーバード大学に入学して、「休学して!?」マイクロソフトを立ち上げられました。そして今日に至るまで世界のコンピュータ市場のOSシェアを大きく占めているウインドウズを製作するになられます。

 

なぜ、ハーバード大学の話を出したかといいますと、実はハーバード大学もMoocというシステムでインターネットを通した世界配信型の映像授業を行っているからです!つまり、ハーバード大学は世界規模の通信制大学でもあるということです!時間や場所に囚われず学習を行えるというIoT、ICTを活用した授業スタイルというのは今後多くなると思われます。ひょっとしたら在宅学習が世界的定番になるかもしれません。学校を物理的に確保するというのは、人的にも物理的にも多大なコストなのです。それを支えるために行政からは多額の支援金が文科省を通して現場に落とされています。年金の財源不安などがありますし慢性的な税財源不足から、将来的にコスト削減の方向に進むことでしょう。

 

その際、教育業界で減らせるコストとしてはこういった物理的なコストや人的コストの部分でしょう。であれば、通信制というスタイルは実は最先端教育なのです。周りの古臭い大人たちは眉唾的に見てしまう大人もいるでしょうし、学校では得がたい経験が得られるから行かなければだめだとか、学校のストレスに耐えられないやつが社会のストレスに耐えられるものか!と脅してきます。

 

アホか!と私は思います。
まったく、非科学的です。それどころか、知性を与えるべき教育機関の人間が現状の問題を解決放棄しているだけです。

 

知性とはなぜあるのでしょうか。それは、ベターライフを提供するため、そしてより品性と知性を完成させていき、人間という種を完遂させるためにあるものです。そのためには、与えられた現場で与えられた難問を解決し続けていくことです。

 

言い換えれば、不登校になっている原因を作り出している学校教育自体が、その解決手法を放棄したのみならず、非科学的な精神論に基づいて、やってくるかもわからない将来のストレスの耐える練習をしろとかアホか。と私は思います。ストレスをより緩和させたり、無くすために知性を働かさなければなりません。

 

学校の先生が、なんら解決策を提示せず不登校の生徒に学校に来いというのは、メタメッセージがありますよ。何かというと、俺の評価が下がるから来い、です。もちろん、人道的な理由で来ることを促す方もいるでしょうし、実際に解決策や一緒に相談に乗ってくれるような人間的な先生も多くいらっしゃることはわかっております。ですが、こういったメタメッセージを含んだ自己保身的な先生という商売をしている商売屋が多いとも思っております。

 

こういった学校に運悪く地理的な理由で通うようになってしまったお子様は10代の最初、運が悪かったと思いましょう。ですが、人生プラマイゼロです。あとからいいことは絶対に生まれます。たとえていえば、パチンコで当たりを引くのが後ろに来てしまっているだけです。そのうち当たります。人生というギャンブルを打ち続ければ必ず当たりがきます。それは間違いない。

 

ただ、当たりを引きやすい環境づくりをするのは必要です。だから、さっさと不登校の自分を認めて運が悪かったと思って自分の気持ちを安らげてください。その中で、通信制高校で興味が持てる分野があるかどうかを探しましょう。探すことで、将来の出口先を見つけられます。探すことで、ご自身の心の出口先を見つけられます。必ず人生のあたりは引けます!あきらめない限り、あたりは必ずやってきます!それが今この瞬間でないだけです。

 

あたりの高校を探しましょう。お父様・お母様はお子様のために情報収集はしてあげましょう。お子様の興味領域や好きなこと、適正などから幅広く探してあげてください。ただ、押し付けはだめですよ。紹介するときはこういうのもあるから、見てみるだけみてみそ♪くらいでお話してあげてください。たいがい、超克できていない場合、アドバイスは求めていないため反発が帰ってくるだけです。だから、まだ早いなという場合は情報提供もまずは控えましょう。

 

ただし、お父様・お母様は絶対に情報だけは集めてください。不安が生まれる原因は、その発生原因と対策を知らないことに起因します。対策さえ知っていれば、時期に合わせて行動すればいいだけです。だから、その下準備は今すぐ、この場で行ってください。

 

通信制高校の詳細につきましては、通信制高校とは|全日制・定時制・通信制・サポート校をご覧ください。最近の通信制高校は、先ほどあげたスペシャルな分野のみならず大学受験にも大きく力を入れています。とくに、首都圏の通信制高校であれば、大学進学に向けた特進クラスを設けた学校もあります。また、通信制も取りつつスクーリング制度うまく組み合わせて、事実上の全日制で通うことのできる高校になっているケースもあります。それに伴って、お子さんの状態に合わせて物理的に社会と交わる練習機会を作っていくこともできます。

 

通信制高校は、暗いとかできないやつの集まりとか、落伍者がいるところなんて、思っている方はこのページをごらんの方にはいないでしょうが、もしいたら今すぐその考え方を改めてください。むしろ今後10年・20年の教育手法を先取りしたハーバード大学のような教育手法です。実際、その高校に通う生徒さんはご自身の適正に合わせて将来設計をしっかりと見据えながら、それでいてしっかりと周りと協調しながら生きられる、本当の意味で優秀な生徒さんが多くいらっしゃいます。私の担当した生徒さんで通信制に通う生徒さんが最難関大学の最難関学部に受かった生徒さんがいらっしゃいましたが、ちょっとばっかり人見知りなだけで抜群に頭もよく協調性もよく、地元の公立高校が嫌だったというだけで通信制をあえて選んでいました。

 

大学受験を望むにしても下手な自称:進学校に通うくらいなら、通信制高校の進学系コースに在籍しながら大手予備校に通ったほうがはっきり行って効果でますよ。

実際に入学するまでの流れ

通信制高校 資料請求 ズバット

通信制高校の選択肢はたくさんあり、選びづらいですよね。学べる内容やレベルから厳選された高校のパンフレットをお取り寄せいただけます。

通信制高校 資料請求 ズバット

気に入った高校があれば、そこで実際に面接を受けてみましょう。入学試験は、面接や作文で学科試験は基本的にはありません

通信制高校 資料請求 ズバット

最短2週間程度で高校生活のスタートです!あなたの人生はきっとここから始まる。

関連ページ

■編集中 記事あり【要修正:タイトル/エントリ説明/METAキーワードetc.】子供が不登校になってしまった
小中学校が嫌いでみんなと同じ高校にはいきたくない。意味のない勉強はしたくない。 でも大学や背門学校には行きたい。そんなことを思ったことはありませんか?大人はそれを駄目だと言うけれど、それは個性です。 個性を否定されるのはあなた自身を否定されているのと同じですよね。 だからこそ、通信制高校という選択肢を考えてみませんか?人と同じでなければいけないなんて法律はありません!
■編集中 記事あり【要修正:タイトル/エントリ説明/METAキーワードetc.】子供が学校について行けない
小中学校が嫌いでみんなと同じ高校にはいきたくない。意味のない勉強はしたくない。 でも大学や背門学校には行きたい。そんなことを思ったことはありませんか?大人はそれを駄目だと言うけれど、それは個性です。 個性を否定されるのはあなた自身を否定されているのと同じですよね。 だからこそ、通信制高校という選択肢を考えてみませんか?人と同じでなければいけないなんて法律はありません!
記事あり【要修正:タイトル/エントリ説明/METAキーワードetc.】子供が勉強についていけない どうしたらいい?
小中学校が嫌いでみんなと同じ高校にはいきたくない。意味のない勉強はしたくない。 でも大学や背門学校には行きたい。そんなことを思ったことはありませんか?大人はそれを駄目だと言うけれど、それは個性です。 個性を否定されるのはあなた自身を否定されているのと同じですよね。 だからこそ、通信制高校という選択肢を考えてみませんか?人と同じでなければいけないなんて法律はありません!
記事あり【要修正:タイトル/エントリ説明/METAキーワードetc.】子供が無気力
小中学校が嫌いでみんなと同じ高校にはいきたくない。意味のない勉強はしたくない。 でも大学や背門学校には行きたい。そんなことを思ったことはありませんか?大人はそれを駄目だと言うけれど、それは個性です。 個性を否定されるのはあなた自身を否定されているのと同じですよね。 だからこそ、通信制高校という選択肢を考えてみませんか?人と同じでなければいけないなんて法律はありません!
記事あり【要修正:タイトル/エントリ説明/METAキーワードetc.】子供がゲーム漬けで将来が不安
小中学校が嫌いでみんなと同じ高校にはいきたくない。意味のない勉強はしたくない。 でも大学や背門学校には行きたい。そんなことを思ったことはありませんか?大人はそれを駄目だと言うけれど、それは個性です。 個性を否定されるのはあなた自身を否定されているのと同じですよね。 だからこそ、通信制高校という選択肢を考えてみませんか?人と同じでなければいけないなんて法律はありません!
記事あり【要修正:タイトル/エントリ説明/METAキーワードetc.】高校を退学しそう
小中学校が嫌いでみんなと同じ高校にはいきたくない。意味のない勉強はしたくない。 でも大学や背門学校には行きたい。そんなことを思ったことはありませんか?大人はそれを駄目だと言うけれど、それは個性です。 個性を否定されるのはあなた自身を否定されているのと同じですよね。 だからこそ、通信制高校という選択肢を考えてみませんか?人と同じでなければいけないなんて法律はありません!