不登校対策・高校卒業・個性を大切にしたい|通信制高校比較ぼん

実際に入学するまでの流れ

通信制高校 資料請求 ズバット

通信制高校の選択肢はたくさんあり、選びづらいですよね。学べる内容やレベルから厳選された高校のパンフレットをお取り寄せいただけます。

通信制高校 資料請求 ズバット

気に入った高校があれば、そこで実際に面接を受けてみましょう。入学試験は、面接や作文で学科試験は基本的にはありません

通信制高校 資料請求 ズバット

最短2週間程度で高校生活のスタートです!あなたの人生はきっとここから始まる。

【要修正:カテゴリ説明/META】個別具体不安(保護者向け向け)記事一覧

お子様が中学校生活で不登校になってお困りですか?私たち親世代のころは不登校は学年で一人や二人くらいだったのではないでしょうか。ですが、ここ20年くらいの政府データによれば、毎年、小学校中学校に通うお子様の 15万人!も不登校になってしまっているとのことです。あまり大きなスポットを浴びることはないかもしれませんが、これは大きな社会問題だと思います。(データ参照: 政府統計の総合窓口:不登校児童お子様...

小中学校や高等学校の普通科では、教わる内容も実に多岐にわたってきます。中学校だとすれば、以下のとおりです。国語現代文のみならず、古文もここから入ってきます。漢字や語句、熟語系もたくさんこの時期から導入されてきます。数学小学校のときからは名称が変更されて、数学になります。この科目が一番中学校で差が生まれてくる部分かと思います。小学校時代は、単なる四則計算式を計算するというのが学習の主な部分だったかと...

お子様が学校に行きたくないと言っており、お母様・お父様はお困りではないでしょうか?「学校に行きたくない」という気持ちが高じて、実際に「学校へ行かない」という行動に移すようになったら間違いなく不登校です。そうなればご家庭の不安や不満も大きなものでしょうし、それ以上にお子様ご自身がもっともっと不安や不満になっていたりします。不登校になる生徒というイメージ像は、どちらかというといわゆる非行少年・少女のイ...

お子様の学習や学校生活の悩みは保護者の方の最大の関心ですよね。ゆとり教育が終わり、学習の内容が多岐にわたるようになってきました。小中学校の科目数が多いことはさることながら、高校での学習もより専門的になってきました。社会の教科書もゆとり教育時代と比べて、1.5倍くらいの厚さになっていること、ご存知でしたか?理科も範囲が多くなり数学もかなり高度なことまで学ぶことになり、余裕がなくなってきているのが教育...

お子様がやる気が無い状態、無気力症候群でお困りですか?学校になかなかまともに通えておらず、その結果として学校での成績が低迷し続けていくことがあるかと思います。保護者の立場としては非常に気になってしまいますよね。辛い言葉で攻め立ててしまったり、場合によっては手が出てしまったりしていませんか?そうなると、お子様と親との関係性も徐々にもつれてゆき、ご家庭での不和も大きなものになってしまいますよね。どうし...

スマホゲームが流行して、大きな社会問題になっていますよね。ガチャガチャの課金がギャンブル性が強く射幸心を煽っているのではないかと、世間では言われております。その一方でユーザーであるのは小中高生ですよね。お子様がスマホゲーム三昧になってベッドに寝ながらゲーム漬けになっておりませんか?私も教育者の端くれとして日々生徒さんたちと触れ合わせていただいておりますが、今では携帯アプリのスマホゲームアプリをやっ...

高校の授業はきっちり勉強していかなければ、ついていけなくなることが多々あります。小中学校のころと違って、1週間休んだだけでもう別の単元を終わりそうになったりすることもありますよね。そしてそれを取り戻そうとしたら、並大抵ではない勉強時間と労力が必要になってきます。そして、最近の高校は”ゆとり教育”から脱却しようと、2014年に過程を変更し授業で学ばなければいけない内容も大幅に増えました。また、仮に文...